« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月15日 (水)

今日のこと    淳之介くん!大きくなってました!

「ALWAYS  三丁目の夕日'64」slatemovie満を持して観に行って来ました

今回の設定の'64年と言えば、私1949年生まれにとっても忘れられない年でした。中学三年生で高校入試勉強の真っただなかでした

前作品「続三丁目の・・・」以来五年が経過しました

'64年には東京タワーが完成し、東京オリンピックが開催され日本中が沸き立っていました。秋田県の我が家でもtvの前に集まり女子バレー「東洋の魔女」に声援を送っていましたlovely

2012_0216etc60004_2 

主人公の一人、茶川さん(吉岡秀隆)ちの淳之介くんも高校一年になっていました。(私より一学年上の設定です)

六ちゃん(堀北真希)も年頃の娘さんになり・・・ヒロミさん(小雪)は茶川さんのお嫁さんになって、お母さんになり・・・

今回から新しく登場した、そうそうたるキャストで一層面白いものにup

前作で日本中を感動の渦に巻き込んで以来、全登場人物が五歳ずつ年をとりhappy01笑いありweep涙ありの一段とheart01感動的なものでした

2012_0216etc60006_2  (パンフレットから拝借しました。ぜひ劇場でお楽しみ、ご確認下さい)

温もりと優しさにあふれたこの作品。今、日本中の人が見て欲しいsign03幸せに付いて考えて欲しいsign03と思いました。

ストーリーの展開は勿論ですが、小道具類から電化製品、着ている物、食べているもの、街並み、飲み屋さんの店の中、だ菓子やさん、看板、部屋の中(カレンダー、ポスター、飾り物、文房具、本)すべてが違和感無くあの頃のもので・・・最初から最後までeye目が離せませんでした

また心の中にheart01宝物が増えました。余談ですがやはり 堤真一・・・heart02すきですね~

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »