« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月25日 (金)

今日のこと     あれから二週間経ちました

福島~関東の各県は、相変わらず続発している強い余震downそれに加えて原発の破壊による放射線の恐怖にさらされています

「かって無かったこと」の続発になす術のない東電sign03不安な毎日です

仕事から帰りtv見ても、少しは気持ちが明るくなるup先が見えるようになったと思えるup情報は無く、むしろ想定外の影響が広がり・・・「健康に影響が出るレベルではない」安心して良いのやら・・・

計画停電で、ここ第四グループはよく三時間の停電にあたります

昼間はどうにか散歩の時間にあてたりしますが、夜6:20~9:20の停電は寒いsign03この位は我慢sign03我慢sign03湯たんぽを抱いています

私は、開店前から長蛇の列を見ながら毎日仕事dash仕事dash

納豆有りますが直ぐに完売しますbearing勿論私が買える頃にはありません(ここ何日食べてないやら・・・bearing)そしてやっと落ち着いてきたと思っていたミネラルウォーターが又空っぽです

お家を失い、家族を失い、想い出も、仕事も、食べるものも・・・比べたら何でも我慢できるsign03と言い聞かせwobblyでも・・・

先日、夫の誕生日でしたのでささやかに外食に出かけました(なんだか悪い事をしているような、申し訳ない事をしているような)ポツポツと空席が目立ちました。

サービス係さんは自宅待機になりsign04給料も減りsign04お金を使わない生活になりsign04旅行等いかなくなりsign04観光地も暇になりsign04お土産も買わなくなり・・・どんどん暗くなります

次の一週間後は少しは明るいUPが出来ますよう祈るばかりです

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

今日のこと    あれから一週間経ちました

どんなにか長く不安な厳しいこの一週間だった事でしょう

心からお見舞いして、今は各指示に従い行動するだけの協力しか出来ません

ヘルパー、調理など自分の特技が必要とされる場面があったら駆けつけられるようにと思っています

bus電車運行の規制で影響を受けている娘は、ありがたい事に、勤務地に近い親戚から自転車通勤させていただいています。頑張っています。

毎日始発通勤して、乗り継いでいる夫に頭が下がります。riceballおにぎりと少しのおかずで頑張ってくれています。

日本国中が何らかの気持ちで乗り越えようとしています

皆、fuji日本が大切だからcherryblossom日本が好きだからです

これからですdashdashdash

今日に至るまで、職場で、報道で私が思ったり、怒ったりした事は控えさせて頂きますが・・・今では、今後の教訓にして犠牲となっている人々に報いるしかありません

確か帰省した際に、可愛な~と思って求めたものです(59年7月25日と私の名前が記されています)一日も早く希望のもてる「春」が来ることを祈って描きました。

2011_03180001

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

今日のこと   凄い地震でした

ここ埼玉でさえ、今まで経験した事のない揺れで船酔いみたいになりました

長い横揺れでした。ズーッと被害状況を見ていますが・・・大変な事になっています

我が家の電車通勤二人共、帰宅を断念して会社泊まりこみとなりそうです

まだまだ、余震が頻繁です。被害に遭われて助けを求めている人達も大勢いる事でしょう

早い対応を願うばかりです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

お気に入り      断捨離してから~だね!

子供達の持ち物が少なかった頃は、お雛さまを飾る場所もありましたが

今年は寸分(古い)の余裕も無く、飾る事も出来ませんでした(来年も娘は自宅からの勤務で居るだろうからthink・・・来年は必ず・・・happy01

断捨離(不要なものを断ち、捨てることでモノへの執着から離れて、身軽で快適な生活を手に入れる事)・・・今これに踏み切って着々としておられる方々が回りにも・・・

と言っておきながら、私、母の所からゴッソリと持ち込んだ形見の品が・・・なかなかはかどりませんsad

さて、三月(弥生)朔日餅(伊勢赤福)がpresent送られてきました

今月も早朝から並んで買ってくれたようです(happy01嬉しいね~)今年はこれでsign03

(三月よもぎが萌える季節。強い香りが邪気を祓うことから魔よけ草と呼ばれ、女児のすこやかな成長を願う事からよもぎ餅が親しまれている)

2011_03030010

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »