« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »

2005年12月31日 (土)

お気に入り   皆さんに感謝です

今年も残すところ10時間弱となりました。「お節」のお煮しめ、黒豆、伊達巻、なます迄出来たところで一息入れて、向かってます。今年初め一大決心をしてPCを習い始め、春からブログを開きました。お蔭さまでたくさんの方々にご覧頂き、励ましのお言葉や嬉しいお便りなど頂きました。諸々の事に追いかけられながらも、充実した楽しい日々を送る事が出来ました。(去年の今頃では想像もつかない)心から感謝しております。来る年もどうぞ宜しくお願い致します。

  皆様よい年を迎えられますようお祈り致します。20051231_dscf0019

新しい年が希望に満ちた年でありますように・・・・・新芽が一杯のシクラメンを描きました。

2005.12.31

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

絵手紙の履歴 縄

家庭にビニールテープが無かった頃、が大活躍していました。洗濯ばさみもブリキ製だった頃、縄目に洗濯物を挟んで物干しにしていました。折角吊るし終わったらが風化して切れたりした事も(ーー;)

近所の川でを丸めて、飼馬をゴシゴシ洗ってあげてるのを、川の反対側で眺めていたものでした。

縄跳びは勿論。炭俵に二重に回してあるが私の背丈に丁度でした。

お陰で炭俵は、いつもユルユルになっていました。

そして干し柿、干しもち、干し大根、編んで吊るすのは、全部でした。干し柿の甘みが吹き出たところどころに、ワラがくっ付いたりして風情あったなー

20051215_dscf0006

ビニール縄に吊るされた干し柿。

味は同じだろうけど・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005年12月20日 (火)

絵手紙の履歴   もっと やさしく

柿の木を見ていたらどこのお宅でも決まりごとのように、一個か二個柿の実が残されていました。小鳥達の為に全てとり尽くしてしまわず残してやるんだと言う事を聞いた事があります。この優しさを世界中の恵まれない子供達に向けてあげたい!と思い描きました。この絵を描いたのは、アメリカの同時多発テロがおきて間もない頃でした。

あれから四年、世界中で数多くの災害が起きました。多くの国から支援活動がなされるようになりました。(継続的な支援をしてほしいという問題はあるものの)

最近あのイラク攻撃は間違いだった言ってのける人達がいます。この事で犠牲になった人達に対する責任は、誰が問い、誰が罰するのでしょうか?

この人、家族にはやさしでしょうね20051121_dscf0001

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月17日 (土)

絵手紙の履歴 さけのよ

私は幼い頃、花館(はなだて)というきれいな名前の所に住んでいました。田沢湖の有る奥羽山脈から流れてくる玉川と雄物川が合流する川魚が豊富な所です。毎年11月頃になると、産卵の為にさけがのぼって来ます。雪がチラつきだすと、隣組が農繁期を終え「えべすこ」をして家族ぐるみで楽しみます。

さけを下ろして、氷頭はナマス、中骨は叩いて焼き味噌で味付けてタタキ、身は竹串刺しにして囲炉裏で焼いた焼き物、ハラスは芋の子といくらの入った煮付け、お吸い物、いくらだけの味噌煮、白子のさしみetc  

さけづくしで地酒飲みかわします。しっぽだけは食べず、水屋の柱やのし板に貼り付けます。大きさを競うように    良い時代でした

20051215_dscf0003

*さけのよ→鮭魚

*えべすこ→恵比須講

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月15日 (木)

昨日の事   先生安らかに

我が家の子供達が小さい頃から書道を教えて頂き、親しくさせて頂いている先生が亡くなられました。お見舞いも果たせないまま、突然のお旅立でした。

先生のお人柄でしょう、お通夜には、ご親族はじめ多くの教え子、ご逝去を悼む方々がお別れにいらっしゃいました。

先生へのお別れのことばを書いてお渡しする事にしました。皆、涙を流しながら、臆することなく筆をとっている姿に、書道だけではなく礼儀、自信を身に付けて下さったんだな~と思いました。

先生ご自身の書道の御才能もったいないことは言うまでもありません。あと何人もこのような子供達を送り出すことが出来たでしょう、若すぎるご逝去に残念でなりません。この子達が字を書く度に先生の教え生き続けることでしょう。

             ご冥福をお祈りいたします20051215_dscf0001

先生のお宅前の菊を描いてお送りしました。

ご覧になられたと伺いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

絵手紙の履歴  愛

   今年も清水寺のご住職様が大きな筆で書いておられました。

愛 地球博の成功  愛を結ばれた黒田ご夫妻   各スポーツ界活躍した女の子達 今の日本に一番足りないもの・・・一般公募で今年を表す文字に選ばれたとか

●弱いものに対して殺人、いじめや虐待する者達

●耐震データ偽装問題等多くの厚顔な爺達

それではこの人達いつから、家族や友達等、自分を愛してくれる人達に対する愛を失い、一番大事な自分を愛する事を失ったのでしょう。

生まれながらの悪人は居ないはずです。

エゴや私利私欲、腹いせ、仕返し等、 自分に負けそうな時この愛があれば

こそ踏ん張っているのですから20051205_dscf0048

愛子様にとっても大事な年でした。

四年前 命名の時描いたものです。

私の母はあいこです。祖父が母を呼んでいる声を思い出して描いたものです。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年12月11日 (日)

昨日の事   解決法?

母が(私の呼ばれ方)家に居たらパソコンばっかりしていて、家族が「帰ってきたら疲れ切っている」との指摘が有りました。口が裂けても ☆掃除をしてない ☆ろくなものを食べさせてくれない ☆仕事を休んで遊んでる・・・etc言わないのが我が家の力関係(-_-;)

その解決法を、こちらに向けるのが私流。

娘達が自由が丘スイーツフォレスト行って来たと聞けば行ってみよう。

神宮外苑きれいだと聞けば行ってみよう。

でご覧の足跡が・・・パスネットかSuikaに入金のお歳暮下さ~い!!もう遅いか。20051209_dscf0058

甘~いケーキがいっぱ~い

イチヨウのトンネルのはずでしたがチョイと遅れ気味でもきれいでした。

20051209_dscf0056 20051209_dscf0063 20051209_dscf0060

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月 8日 (木)

昨日の事   ご機嫌ナナメ

ここのところ、パソコンの機嫌がナナメで、宥めたり賺したり(今流行の漢字テスト番組みたい)恐る恐る打っております。本日、パソコンの前に六時間は居たかな~(-_-;)

砂時計が目をつむっても見えるようです(笑)前からストックしてある絵手紙でご勘弁下さい20051205_dscf0049 20050912_dscf0009

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年12月 5日 (月)

絵手紙の履歴   母のぬくもり

突然ですが、何しろ不器用な私です。

私達四姉妹は少女の頃から ☆美人 ☆頭が良い ☆手が器用 ☆弁が立のいずれかと言われておりました。ホントかよ~自分達が言ってただけ!?

そうしますと、私はどれでしょうか?自分でと言っていますから・・・・・

手作りと呼べる程ではありませんが、う~んと太い毛糸を、う~んと太い編み棒でマフラーを編みました。10目程なので直ぐに目が上がります(*^^)v

と言うエキスを一杯編みこんで~クサーッ!!20051205_dscf0050

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2005年12月 2日 (金)

絵手紙の履歴   チラシよこ目に

私の住む坂戸は、あのさつま芋で有名な川越市に部分隣接しています。

和菓子屋さんも多く、江戸の昔からの老舗の味が年中楽しめます。芋せんべい・甘露煮・ようかん・等美味しいですよ。ですからこの季節お歳暮用のチラシがイッパイ折り込まれます。

今日は父の月命日だから何か買って供えようかな~ 

待てよ(この台詞クセ)台所に、さつま芋転がってたな~

チラシよこ目に茶巾絞りました。

出来上がりは、後日に。20051125_dscf0011

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

絵手紙の履歴   初心

私が絵手紙を始めたきっかけは、PTAの教室でした。直後に秋田の父が入院しましたが、五人姉弟で看病出来ないのは、遠方に住む私だけでした。そこで絵手紙が届いたら、父も喜んで元気に成ってくれるかな~と思い毎日の様に描きました。枕元に置いて何回も呼んでいるよ!と知らされ、ドンドン描きました。2001年頃の作品が多いのはその為です。父が他界して、今度は一人で暮らす母を励まそうと、送り続けました。

こんなに喜んでくれるなら、パソコンなど見ることの出来ない方に、自分だけに宛てた絵手紙を送ってあげたらどうだろう。郵便やさんが来るのが楽しみになるようにと、息子が絵手紙やさんと命名して自分のHPに載せてくれたのです。

ナマジ1~2度送って、その後送れない方が待っていてくれているかと思うと・・・初心に返り頑張らなくっちゃ20051205_dscf0051

毎日ごはん前に父の写真に手を合わせますが

写真の中の父が言っているようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年11月 | トップページ | 2006年1月 »