« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月31日 (日)

絵手紙の履歴 ~ 川越・時の鐘~

小江戸川越(我が家からは電車で10分)のシンボル「時の鐘」です。寛永年間に建てられ(明治26年大火で焼失、翌年再建された)今も蔵造りの町並みに時を告げています。

江戸では防火建築として、類焼を免れる為の土蔵造りを奨励しました。  川越商人の店蔵が軒を並べて残っております。名物の芋菓子や、懐かしいおみやげ物を求める観光客で賑わっています。20050703_dscf0016        池袋~東武東上線で35分

川越下車。~江戸にたいむすりっぷ20050728_dscf000720050728_dscf0006ぜひ!~

        川越案内パンフレットより

母宛 2001.05.05作

川越で娘の学校の吹奏楽発表があり、絵手紙にしました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月28日 (木)

さようなら  ~杉浦日向子さん~

20050728_dscf0003 江戸研究家の杉浦日向子さんが亡くなられました。「コメディー お江戸でござる」の分かりやすい解説と、味わい豊かな絵で家中で大ファンでした。娘曰く「この人江戸時代からズ~っと生きているのでは・・・・」なんて冗談も出てくる位、詳しいものでした。最近お出にならないので、お好きな船旅でもされているかと話していたところでした。26日の新聞で知りました。 奇しくも24日に図書館から借りた本が手元に有ります。「江戸アルキ帖」全項カラーの江戸風物画が描かれています。求めて宝物にします。 ~安らかに合掌~

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年7月25日 (月)

絵手紙の履歴 ~新芽が育てば・・・~

玉ねぎを、ほーって置いたら新芽が育ち親はシワシワになっていました。親の養分を吸収して子は育ちます。まさに我が家の状態です(’ω`)この絵手紙を描いたのが4年前(子供達高三・高一)その時点で既にこの状態・・・・・・てことは、今は!?ヨレヨレです。

20050703_dscf0013 母宛 2001.05.02作   電話をするといつも最初に出てくれた、元気な頃の父を思い出しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月23日 (土)

絵手紙の履歴 ~ 十二単衣の中は~

ちょっと待って!皮をむく前に早く描かなくっちゃ!十二単衣を脱いだら意外と痩せていました。(´~`)一度に沢山頂いて嬉しくもあり・・・・どんどん、としょる(年取る、鮮度が落ちる)ので明日にする訳にもいかず、夜遅くまで掛かり茹でました。ところで茹でてからそのまま茹汁に漬けておくんだっけ?それともきれいな水に浸すんだっけ?

20050703_dscf0012

母宛 2001.05.01作

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月20日 (水)

絵手紙の履歴   メルヘンだナ~

空感銅楽~森田さん作のペン立てです。銅版を個性的なブローチ・ペンダント・オブジェに仕上げてくれます。 「☆がまたたく夜空にはしごを架けて昇ってみたい」メルヘンの世界ですね。誰もが一度は夢見た世界なのでは・・・・ 森田さんの作品は、宇宙(そら)に遊ぶものがイッパイです。大好きです!!。母に送った絵手紙のモデルを写しました。                                                         

母宛 2001.04.25 作 20050720_dscf002120050720_dscf0022

20050703_dscf0011

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月17日 (日)

絵手紙の履歴  ~自分の為だけの料理~

20050703_dscf0010 母が自分の為だけに料理を作る生活は、50何年振りなのでしょう。喜んで食べてくれる人がいないと、ついつい簡単な物で済ませてしまいがち。「野菜をしっかり食べて欲しい」と思いました。

母宛  2001.04.23.作

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月14日 (木)

絵手紙の履歴  いい夢みてね

母の80歳の誕生日に♪ お祝いの枕カバーに添えて描きました。父を見送ったばかりの母なので、いい夢をみて欲しいな~とプレゼントに決めました(^ω^)父が生前良く飲んでいた子供牛乳で乾杯!!20050703_dscf0007

いつも「ありがとう」の言葉が直ぐ出る父でした。学びたい!

母宛 2001.04.18作

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年7月12日 (火)

絵手紙の履歴  お爺ちゃん!あの桜だよ

4月に入り父は他界しました。静かな死期を迎えたようでした。3月の末に娘と一緒に帰省して父を見舞い、自宅に帰ったばかりのことでした。帰省の際、高校に合格した娘に、父は寝ていた布団の上に起き上がり、ニーンニーキニー二と得賞歌をハミング♪してお祝いをくれました(’U’)/流石、喜之助さん!!  名前負けせず、どこで相手を喜ばせようかと、ねらっている人でしたから(≧▽≦)(ここが父に一番似ていると言われるところでしょうか)

20050710_dscf00101

母宛 2001.04.07作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年7月 5日 (火)

お気に入り 3 七夕さま

私の拙い絵手紙の部屋に訪問して下さり、携帯メールやお葉書等で激励を頂きまして有難うございます。皆さんに、返事を送る事が出来ず申し訳ありません。これからも、ご支援の程宜しくお願いします。ご覧頂きながら、皆さんが色々な経験をされたことや、季節の事、故郷等思い出して下さればうれしいです。20050524_dscf0009

       20050706_dscf0008 20050706_dscf00051

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年7月 3日 (日)

絵手紙の履歴 桜 見れたね

今年は桜を見て貰う事が出来るかな~っ。そんな父の容態でした。桜の開花が間に合いました。自然の力に感謝です。(この桜の木は、父が数年前一度だけ我が家に来てくれた時、満開に咲いていた木です)先日実家に帰って、母の手元からこの絵手紙を借りて来ました。これを見て、枕元に置いてくれただろう父のぬくもりを感じました。これが最後でした。20050703_dscf0002

父宛 2001.03.25作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »