« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005年6月28日 (火)

絵手紙の履歴 洗濯物ドサーッ

子供達の受験、発表の様子を伝える事が出来ました。病床に在る父の身近な話題を描い20050624_dscf0005 て送りました。誕生日等、日にちを意識して暮らして欲しいと思いました。  

父宛 2001.03.13作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月26日 (日)

絵手紙の履歴 しっかり受け継がれて

父が長男の所に退院しました。容態が快方に向かった事では無いのですが、自分の家で看てあげたいと言う長男と、皆の気持ちがそうさせた様でした。三月で子供達の受験の様子や思い出を毎日描きました。父は、おしゃれな人ですからひげも剃っていたとの事でした。一枚でも多く見て貰いたいと頑張りました。20050626_dscf0015

父宛 2001.02.18作

父の数多い趣味から(マージャンパイの調達間に合わず)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月25日 (土)

絵手紙の履歴 友は長所を友とすべし

正月に有名人が描いた絵馬を選んで落札する催しがあります。千点以上もある中から我が夫の選んだのは・・・書家 福島竹洞の「友はその長所を友とすべし」でした。 人は夫々物の見方、考え方が違います。欠点ばかり言ってないで、縁あって友人に成れたのだから、美点を探し友とすべきでしょう。 もしかして・・・いいえ、きっと私に言いたい事とみた!見事我が家に落札されました。         20050624_dscf0001

父宛 2001.03.03作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月23日 (木)

秋田発

秋田の実家に帰りました。母は昨年より若くなった感じ!イイ事だ。朝晩は腕を出すと寒い位でしたが、日中は暑い!新幹線で三時間半・・・.「梵天さん」のページで描いたふるさとの山はあの頃のまんまでした。「故郷の山に向かいて」思わず車窓から一枚「故郷の山はありがたきかな」実感!    お店では、わらび、ふき、じゅんさい、えご、豆腐カステラ、ハタハタetc絵手紙の材料の宝庫でした。田舎でも、ところてん、寒天の棚が空っぽでした。あるある効果?ある?20050621_dscf0024

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年6月18日 (土)

絵手紙の履歴 もぢかへる

相変わらず姉や義妹達による父への看病が 行われていました。日々の自然の移り変わりや、世の中の移り変わりに目を向けている事が出来る、今の 自分の環境に感謝すると同時に、そういう自分に育ててくれた両親に感謝しています。と父に直接会って言う事が出来ないので、絵手紙に託しました。

父宛 2001.02.26作20050603_dscf0011

注 もぢかへる~おもちを食べさせてあげます。歓待しますの場合に使う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月15日 (水)

絵手紙の履歴 いがいとまと

田舎に居る時は殆んど口にする事の無かったトマト。長男が生まれる頃から食べる事が出来るようになりました。主人が自宅の近くに借りてくれた畑で収穫された、とびっきりのトマトです。先入観で食べられない物って結構あるかも。美味しそうに描けたかな?

20050603_dscf0009

父宛 2001.02.24作

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月10日 (金)

お気に入り  2

20050524_dscf0006 20050524_dscf0007 20050524_dscf0012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 9日 (木)

お気に入り

少しは上手く成ったかな?投函前にカラーコピーしたものを切っています。色合いが本物よりあせてしまいます。それにサイズがばらばらです・・・・。

御免なさい。

20050523_dscf0007 20050523_dscf0012 20050524_dscf0004 20050524_dscf0005

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年6月 5日 (日)

絵手紙の履歴 梵天あげ

そうだ今日は2月17日梵天さんだ!父が家庭を持ち、私達五人の子供を育ててくれた花舘の冬のお祭り。長~い事親元に居座った私は、この行事を?十回も目にしていました。ですから、何を参考に見なくても描くことが出来ました。若く元気だったころを思い出してくれたかな。

20050710_dscf0011 父宛 2001.02.17 作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年6月 2日 (木)

絵手紙の履歴 三種の神器

入院中の父(当時85歳)に纏わる思い出の品々を描いてみる事にしました。鏡台の引き出しにしまってありました。高校合格祝いに初めて買ってもらったもの。あの頃(昭和40年)時計、自転車,革の鞄が三種の神器でした。

20050710_dscf0012

父宛  2001.02.09作

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »